カバー画像

【単身・一人暮らしの引っ越しの流れ】

1.引越しの方法を選ぼう。
一人暮らしの場合、荷物が少ないので工夫次第で引越し代金を安あがりにすることができます。例えば、
・レンタカーでトラックを借りて自分で引っ越す。
・友達、家族にお願いして、自家用車で。
・格安な単身パックで引越し会社に依頼する。
(専用のカゴやトラックの荷台に積める量で、一定の料金に収められているところが多いです。ですから普通の引越しに比べ料金は抑えられています。)
などの方法を実行することができます。
また、これらの方法を上手に組みあわせていきましょう。

ただし友達や知人にお願いするとき『ガソリン代』や『謝礼』などを考えると割高になることも十分にありえます。その場合でも一度業者から見積もりだけは取っておきましょう。

2.引越し会社に見積もりを取ろう。
引越し会社にお願いする場合は、必ず『引越し見積もり』をとりましょう。
最近ではネット上で複数社から見積もりをとることができます。見積もりをとる場合は、『引越し日時』『荷物の内容』を確認しておきましょう。
引越し日時や単身の引越しを扱ってない業者もあるので、金額にかなりの差が出てきます。サービスの内容もこの時チェックしておくと良いでしょう。

3.ダンボール、梱包材を集めよう
引越しの荷物を入れるための梱包材、ダンボールを収集しましょう。(引越しの業者さんによっては事前に届けてくれるところもあります。)
スーパーやコンビニなどに無料でおいてあることが多いようです。ダンボールはホームセンターでも購入することもできます。

4.順番に梱包しよう
重いものは、小さめのダンボール、軽くかさばるものは大・中型のものにつめます(運びやすくなります)。
箱の外には、中に何が入っているかを必ず明記しておくと後々、便利です。
ダンボールの底は、抜け落ちないように十字にガムテープを張りましょう。

5.部屋の掃除をしよう。
賃貸の場合敷金のこともありますので、まず第一に、玄関を綺麗に掃除しましょう。次に、床や柱の傷をなるべく目立たないようにすることです。
これだけでも敷金返還の査定時に多少有利になります。

6.引越し当日。
引越し荷物の搬入に立ち会います。ご近所への挨拶、引越作業員への心配りをします。

7.新居へ
ご近所さん、管理人や大家さんへ挨拶に伺いましょう(遅くても翌日までに)。挨拶状や引っ越し祝いのお礼は1ヶ月以内に済ませます。